「使ってよかった」と化粧品口コミサイトで大人気の化粧品、ビーグレン。

女性からたくさんの支持を集めています。

 

「ニキビ跡が薄くなった」「ほうれい線が目立たなくなった」と大喜びの声がネットでもたくさん見られます。

 

その一方、効果がありすぎるせいか、ビーグレンの成分や副作用を心配して、購入をためらっている人もいるようです。

 

そこで今回紹介するのは、ビーグレンの成分、そして、副作用の問題についてです。

 

敏感肌の方はもちろん、化粧品マニアの方にも是非読んでいただきたいです。

 

ビーグレンは無添加なの?

実はビーグレンには添加物が入っています。

 

公式ホームページを見ても、「品質保持のための最低限の保存料」や「配合する水溶性の有効成分と脂溶性の有効成分を混ぜ合わせるための乳化成分」を使用していると堂々と書いてあります。

 

よって、ビーグレンは無添加化粧品というわけではありません。

 

だからビーグレンが危険な化粧品なのかというとそんなことはありません。

 

添加物は悪いものであると思い込みがちですが、そもそも添加物のリストというのはずいぶん昔に当時の厚生省が指定していたもので、そこから変更されていないので、非常に古い情報のままなのです。

 

そして、その成分自体、昔は危険なように言われていたものが、現在の研究では安全なうえに効果があるとされているものがほとんどです。

 

なので、添加物が入っているということが悪い化粧品であるという証拠には一切ならないのです。

また、無添加だからいい化粧品というわけでは全くないのに、無添加化粧品と言った方が売れやすいので、無添加を謳いたいだけなんですね。

 

そもそも、現代の化粧品に添加物が入っていないものなどないと言っても過言ではありません。

 

例えば、ビーグレンがホームページで使用していると堂々と記載していた「配合する水溶性の有効成分と脂溶性の有効成分を混ぜ合わせるための乳化成分」ですが、脂溶性のものと水溶性の物を混ぜ合わせないと作れないクリームなどでは、必ず必要なものです。

 

そして他社ではそのような成分を使っているにもかかわらず、昔のリストでは添加物のリストに載っていなかったという理由で、無添加化粧品だと言い切っているのが現状なのです。

ビーグレンは正直に添加物を使っていると宣言しているので好感が持てますよね。

 

そのうえビーグレンが使っているのは研究や調査の結果で一番安全な成分です。

 

よって、ビーグレンは効果もしっかり感じられるのに、お肌にも体にも安全に使える化粧品なんですね。

 

では、配合されている成分、添加物についてもう少し確認してみましょう。

 

ビーグレンは本当に安全?

ビーグレンにはお肌の悩みに応じてたくさんのアイテムがあります。

そしてそのアイテムごとに使っている成分は異なりますし、その悩みに応じて効果的なものが配合されています。

 

  • 副作用が気になる方にとって引っかかる成分は「ハイドロキノン」でしょう。

ビーグレンのホワイトケアアイテムに使われています。

 

厚生労働省で認められている市販の化粧品のハイドロキノン配合率は2%までと決まっていますが、ビーグレンのホワイトケアアイテムには1.9%の濃度で配合されています。

 

よって、配合率は基準以下としてきちんと守られており、副作用を心配する必要はなさそうです。

ただし、もちろん個人差がありますので、気になる方はかかりつけの医師にご相談ください。

 

化粧品の効果を引き出すための安全な添加物は厳選したものを使用しているビーグレンですが、着色料、香料、アルコール、パラベン、鉱物油は配合されていません。

アレルギーテスト済でもあります。

もちろん個人差はあるものの、アレルギーがある人にも安心だと言えるでしょう。

 

まとめ

ビーグレンは添加物は入っていますが、どれも必要最低限のもので、安全性の高い副作用のないものだけを厳選して使用しています。

 

そして、着色料、香料、アルコール、パラベン、鉱物油は配合されていません。

 

アレルギーテスト済でもあり、敏感肌の方でも安全に使えるでしょう。

 

肌に副作用を与えず、なりたい美肌へと導いてくれるビーグレン。

是非その効果を試してみてくださいね。